無利息
「私の経営哲学」東日本旅客鉄道 会長 大塚陸毅氏 貸し倉庫 埼玉 瀧田倉庫産業 社長のブログ!
貸し倉庫 埼玉 瀧田倉庫産業 社長のブログ!
埼玉(越谷市、春日部市、さいたま市岩槻区、八潮市、三郷市、川口市、草加市等)の貸し倉庫などの情報を提供します。埼玉の貸し倉庫からみた経済、経営、不動産について思うことをつづります。瀧田倉庫産業の社長である瀧田貴夫のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の経営哲学」東日本旅客鉄道 会長 大塚陸毅氏
3週間も前のことになりますが、財団法人埼玉りそな産業協力財団の経営者セミナー最終回を受けてまいりました。

大塚陸毅氏は、さすが、東大の法学部から国鉄へ進んで改革の最前線を進んで行かれた方です。なかなか迫力がありました。

ちょうど、最近話題になっているパスモが私鉄やバスにも導入された翌日の講演でした。


----------------------------------------------------------------
「私の経営哲学」
東日本旅客鉄道 会長 大塚陸毅氏

国鉄改革というのは色々な面で皆様の関心、影響を与えたものであったと思います。ここから何を学んだのか、一つの例として紹介したい。

まず、官と民の考え方の違いというのがあげられる。

昭和42年の試算で、首都圏人口2600万人がその後3700万人になるという予想があり、首都圏での通勤は困難になるとのことだった。

列車の本数を増やしたり、車両を増やしたり、車両基地を増やしたりしなければならないが、どうやって投資の回収をするのか。安い通勤定期代金では回収できないではないか。国鉄には打つ手はない。すべては国の金で行うべし。したがって、通勤電車はタダのってもらっていい。そういう論理だった。

実際は、予想よりも人口も増え、しかし混雑率は180%へと緩和した。それはJRになってから、30%という輸送力の向上を図ったからだ。首都圏の総鉄道の20%にもあたる量だ。

なぜ出来たか?

官の場合には、親方日の丸意識があった。実際には、そういう意識だけでなく、規制も多く、自分で出来ることには限界があった。民は自分でやるしかない。

中央線は、一日500本あった(1985年)。満杯だった。今は700本走っている。信号システム、制御システムなどの開発によって可能となった。青梅線、五日市線などは乗り換えなしになり、利便性が向上した。

ただ、ということは、トラブルがあった時に広がってしまうということだ。それで、現在では二重系統の電車が発達し、車両故障によるトラブルが少なくなってきた。


国鉄の最後には、3兆5000億の収入に対し、1兆6000億の損失、借金は37兆円だった。その借金は民営化になって全部国に押しつけたわけではなく、14.5兆がJRグループ各社、22兆が国が負担することとなった。そうなるまで、国鉄は何もしなかったわけではなく、都合6回の再建計画を作成したが、結局問題先送りとなり、最後の13年間に11回の運賃値上げをしていた。


国鉄改革では、民営化というよりも、分割化が良かったと思っている。地域地域に密着した経営が出来るからだ。

改革というのは中途半端ではダメだ。そして、それぞれに適した方法がある。

消費者、お客様に選択されるように、規模だとか、質だとかを追求していく必要がある。JRにとってはそれは安全、安定だ。

経営は攻めだと思う。「難しければ、やる」と思っていなければいけない。

鉄道以外の柱をいかにつくるかというのが課題になっている。

~中略~


第3の柱がスイカである。

この3月18日にはスイカが私鉄と共通化になった。スイカは2001年今から5年半前に導入した。開発から16年かかった。

自動改札がようやく導入されたときに、非接触のICカードを研究しているグループがあり、その後、ものになるから実験したいという話になり、テストを始めることになった。そのころから、私鉄の社長と共通化の話をしてきた。

スイカは決済から通信インフラ、そして社会インフラとなっていくものだ。とうぜん高いセキュリティレベルが求められ、最高レベルのEL4になっている。


第4の柱が生活サービス事業。

本業に近いところからということで、駅及び駅の周辺の開発をやっている。「ステーションルネッサンス」通過する駅から集う駅へ。駅ナカの徹底開発がはじまった。

駅をトータルデザイン、プロデュースしようということ。案内表示を変えたり、トイレをきれいにしたり、バリアフリー化したり、駅長室を駅の奥へ持っていったり。収益はほぼ0だったものが、今は3割を占めるようになってきた。


次に向けて、
1.東北縦貫線として、高崎線、宇都宮線を上野から東京へ行き、横浜まで伸ばす。
2.大規模開発として、新宿高島屋の線路の上に蓋をして、そこにはJRの権利も生まれる。
3.渋谷では、東急線が地下に入ることとなる。それに合わせて、渋谷駅も改装しようと考えている。
4.360kmで走れる新幹線のテストをしている。走行の問題はないが、残りは環境問題となっている。
5.電池で走る電車や、ディーゼルで電池も使う電車を開発中である。

イノベーションは、“夢”“未来像”はじまる。

------------------------------------------------------------

こんな堅そうな会社で、新しいことにどんどんチャレンジしています。負けてられないですね。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://takitawh.blog86.fc2.com/tb.php/44-944e4719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貸倉庫物件(埼玉県中心)

埼玉県貸倉庫


↓携帯からご覧いただける貸し倉庫物件情報
QRコード



プロフィール

瀧田貴夫@埼玉貸し倉庫

Author:瀧田貴夫@埼玉貸し倉庫
埼玉県越谷市を中心に、草加市、三郷市、八潮市、吉川市、さいたま市、岩槻区、川口市、春日部市など、埼玉県東部の貸し倉庫、貸工場、貸店舗など事業用不動産のテナント誘致、プロパティマネジメント(賃貸管理)、コンバージョン、バリューアップ、不動産仲介などを行っている埼玉の貸し倉庫 瀧田倉庫産業株式会社にて代表取締役を務めております。

所有資格:中小企業診断士、宅地建物取引主任者、ファイナンシャル・プランナーなど



黄川田仁志(きかわだひとし)

海洋政策の専門家 衆議院議員 黄川田仁志(きかわだひとし)氏のホームページです。

黄川田仁志のぼり



当ブログの過去のおすすめ記事!

NO.1 これからの日本経済
NO.2 でっちあげ
NO.3 初島熱海団体競泳大会



カテゴリー



最近の記事



一人一票の実現を!

男女で一票の価値が違っても良いのでしょうか?年齢で一票の価値が決まってもいいのでしょうか?もちろん、良くありません。 今、日本では住む場所によって一票の価値が違います。それをこのまま放置しておいて良いのでしょうか?

一人一票実現国民会議



最近のトラックバック



ブログ仲間!



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



あわせて読みたい

あわせて読みたい



ブログランキング

ブログランキング参加してます!クリックお願いします(^^)/ ↓↓↓

FC2ブログランキング

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ



最近のコメント



クリックで救える命がある!



国盗りカウンター



ブロとも一覧


いっぱしのぴん蔵の日記/ The private journal of Pretty damn Good PINZO (⇒mixi/gree)

埼玉県越谷市の行政書士江口法務事務所ブログ支店

『私たちが明日からできること』短期集中セミナー     “ 達人に学ぶ。 ”



ドラクエ風カウンター



人気記事!



逆アクセスランキング 



ブログ内検索



RSSフィード



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



リアルタイム市況



FC2カウンター



フィードメーター

フィードメーター - 貸倉庫@埼玉県 瀧田倉庫産業 社長のブログ!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。